<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
BLOG PEOPLE
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| permalink | - | | - | Web拍手 |
Amazonさん箱パネエです
111215_0004~01.JPG
またちょっと間が空いてしまいました。

ツイッタでコミケカタログがAmazonさんで買えると知ったので、このクソ忙しい時はもう迷わずこれだ!と即クリック。本日朝届きました。

しかしこの箱の大きさったら。中身カタログ1冊だけですよ?
そしてどうしてナナメってるんだろう。不思議。

そういえば、これ配送してくれたクロネコのおばさんもすごかった。なにが凄いって、配達時間が今朝7:40。
私宅急便とかって朝は9時からだとばっかり思ってたのに、ゴミ捨てて飲みさしの紅茶あおって、さあコート着て会社行くか、って時にピンポーン、ですよ。
思わず、お向かいのN井さんの奥さん?とか思った。夫もそうだと思ったっていうからさすがN井さん。(関係ないけど)
えっと今日資源ゴミの日だよねちゃんとさっき年間カレンダーで確認したから間違いないけど何だろう何か間違えてやだやぎ(仮)さん間違えてるから注意しなくちゃって思われたのかもあとは緊急の回覧板とかこの間歳末助け合いの募金はちゃんと出したしやっぱり回覧板かしら朝から元気だな耳遠いけど基本いい人だから愛想良くしないとでもこの時間はさすがに勘弁してほしいんだけどな、ってほんの0.5秒の間にそれくらい考えた。

でも玄関先に居たのはクロネコさんでした。タッチの差で夫が受け取って「こんな早いのびっくりしたね」と言い合って。「何が来たの?」って。
「ちょっとね。もう私行かないと!」ってささーっと箱は自分の部屋に置いてあとは野となれ山となれ。

まあ、自分の在庫がイベントから帰ってきたとかそんなんじゃないから別に開けられて見られたっていいんですけどね。コミケに行ってること自体は全然隠してないし。

そういや今年のコミケは1日目しか行けない・・・!
ちょっと30日に法事があって、29日もなんとか有明から直行で行かないとならないんです。ぎりぎり1日目だけは死守すべく、「私、ひとりで遅く行くからね!」と宣言してさっさと新幹線とりましたとも。
でも30日・・・ああ・・・タイバニが!タイバニが! 夏コミはまだジャンルじゃなかったからもうあちこちゲリラ的に散らばってたのがようやく冬! たくさんのサークルさんが満を持してたくさん素敵本だすはず! 狩るぞー! って意気込んでいたのに・・・嗚呼・・・。

い、いいもん、まだ2月の全国があるし。通販だってあるもん。
でもコミケは特別だもんねえ・・・今年のコミケは2度とない・・・。



遅くなりましたが一言メールありがとうございました。
こそっとレスレス。

続きを読む >>
| permalink | 漫画:その他 | 00:06 | comments(0) | Web拍手 |
「千」
お買い物リストを作ろうとあちこち海を彷徨っていたらば。

だあい好きな作家さんの岡田屋鉄蔵さんの「千」が、ミニドラマCDになるんですってーー!!
そそそれも千の声は吉野さんですよ! うっわあ。

次号の小説花丸春の号の付録だそうです。た・の・し・みー。

| permalink | 漫画:その他 | 00:49 | comments(0) | Web拍手 |
もう一週間も経って今更ですが
漫画家、佐藤史生さんがお亡くなりになったとのこと、大変ショックで残念に思いました。
とにかく、デビュー作から他の作品とは一線を画していて、一読者として「おっ?」とすぐに嗅覚が刺激された方でした。
ちょうどその頃別コミ購入してて、運良くデビューから雑誌で読んでいたのですよね。そんでその後プチフラワーも創刊から購入してたし。だいたいリアルタイムで読んでました。

代表作「ワン・ゼロ」「夢見る惑星」も凄いのですが、割合最近の「鬼追うもの」とかも好きです。
あと、何だっけ、ミスルトが出てくるやつ、「夢喰い」だったかな、あれの印象が強烈で、時折、フイに思い起こしたりします。忘れられない。

寡作な方なので、たまーーに、それこそたまーにコミックスが出てると「おおおっ?」と思うのですが、これからはそういう嬉しさもないのかと思うと残念でなりません。

なんだかその昔、花郁悠紀子さんがお亡くなりになったときを思い出しました。
ご冥福をお祈りいたします。
| permalink | 漫画:その他 | 00:17 | comments(2) | Web拍手 |
劇場版コナンとか銀魂とか
ちょっと本屋へ寄ってみたら。
こんなものが出てたっ!



気がついたら手に持ってふらふらレジに。
だって「完全独占!『名探偵コナン』の最新推理」ですよ奥さん。表紙の(おそらく劇場版)コナンくんの熱い視線にもくらりときたし、ねえ奥さん(笑)。

内容とか表紙とかはこちらの方が詳しいです。

真っ先に読んだのが脚本家古内さん談話。やっぱり劇場版といえばこの方ですよ。毎回見事なストーリーで。
談話では、どの話が一番、ということはないそうですが、私の中ではやっぱり摩天楼がダントツ。あとは銀翼とか魔術師とか暗殺者とかかな。水平線の陰謀もよかったし。あ、鎮魂歌も。

他にも銀魂とか黒執事とかが特集で、どれも文字がびっしり。読み応え盛りだくさん。
ああ、もう明日から4月なんですよねー。今年はコナンだけでなく、TRIGUNも銀魂もあるから忙しいわ。嬉しい忙しさですけど。



| permalink | 漫画:その他 | 22:44 | comments(2) | Web拍手 | 昨年の記事
ぱふでヤラレた
毎年、4月号だけは買っている雑草社の「ぱふ」。
4月号は前年度のまんがベストテンなので、いろいろ参考のためにこれだけは買い続けているのですが、もうかれこれ20年くらいになるでしょうか? 確か私が持っている一番古いまんがベストテンは1982年だから、20年以上買っていることになります。(でも85年と86年だけ抜けてるんですよねー。くそう)

ちなみに、1982年のベストテンのうち、各部門の1位は次のとおり。
  長編部門1位「日出処の天子」山岸涼子
  短編部門1位「Z」(IV) 青池保子
  主演男優部門1位 クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ(エロイカより愛を込めて)
  主演女優部門1位 音無響子(めぞん一刻)
  助演男優部門1位 蘇我毛人(日出処の天子)
  助演女優部門1位 川原 翼(エイリアン通り)
  新人部門1位   日渡早紀(伝えてボイジャー)

いやー、懐かしいですねー。
日渡早紀が新人ですよ。まだアクマくんシリーズ始めたころかな。1位以下の面々を見てみるとほんと懐かしいの一言。

ってそれはおいておいて。
2009年ベストテン。なんだか昨年くらいから薄くなったなーと感じだしたのは、おそらくあちこちでベスト10ものが出てきて、ぱふのこのベストテンが霞んできたのかなと推測します。
今年なんかとうとう、背表紙にベストテンの文字が入らなくなったよ。なんか淋しいです。

ってそれもおいておいて。
毎回、昨年の流行り廃りをチェックするために買っているんですが、そのなかで、おお振りのストーリー紹介文でめいっぱりネタバレされてしまい、すごいショックを受けてしまいました。

おお振り、長編部門の第9位なんですが・・・。
コミックス未収録部分の、勝敗の結果がさらりと書かれてて、もう(涙)。
前から思っていたんですが、そもそもおお振りってコミックス出るの遅いですよね。
一体どんだけ未収録部分溜まってるの。編集が悪いの? 作者の問題?

まあね、まんが専門誌だから、コミックス化したかまだの部分かなんてことまでは考慮されてないとは思うのですが、それにしても痛かった。
ハガレンも、噂によれば今すっごいヤバイ状態らしいので、雑誌派に転びそうだったのをぎりぎりで踏みとどまっているので、これもネタバレされるかどうか危なかったけど、そこはまだセーフでした。
(つか、ハガレンは最終回がコミックスよりアニメの方が先だったらと思うとそれがすごく怖いですが)

ネットとかでは気をつけているんですけどねー。ぱふは穴でしたわ。しまった。

| permalink | 漫画:その他 | 00:39 | comments(2) | Web拍手 |